WORKS

PIX脇田本町オフィス

PIX脇田本町オフィス

300m2

2021.11竣工

岩堀建設の持ちビルであるPIX脇田本町ビルの5階の改修プロジェクト。空いていたワンフロア-をシェアオフィスをして活用する計画。

PIX脇田本町は、川越市の運営するウェスタ川越創業支援ルームの利用期間に制限があることから、その後の受け皿として、さらなる飛躍を遂げ旅立っていくまでの企業の成長過程における利用を想定して計画された施設である。

オフィスの拡張機能として、有機的な利用を可能とする共用部は、企業同士のコミュニケーションを促進させ、地方都市での経済活動における大きなポテンシャルとなる互助作用を生みだす。

「仮設性と空間表現」
創業期間を終え、企業が育ち、ここから出発することを想定した利用期間という施設の時間的な限定(仮設性)を、いかに空間表現として落とし込むかが大きな課題となった。仮設材やラフな素材を使った安易なインテリア的な仮設表現ではなく、名古屋駅西口広場公募型プロポーザルの提案で試みた、単色の異物を風景の中へ落とし込むことによる素材的仮設性の表現により、施設利用における時間的な限定(仮設性)を表現することを試みることにした。ライトグレーで統一されたモノクロな共用部の中に浮かぶ暖色のガラスという異物性による仮設性表現が、この施設で成長し巣立っていくまでの期間という時間的な仮設性をあらわしている。

PIX脇田本町オフィス

PIX脇田本町オフィス

PIX脇田本町オフィス

PIX脇田本町オフィス

PIX脇田本町オフィス

PIX脇田本町オフィス

PIX脇田本町オフィス

PIX脇田本町オフィス

PIX脇田本町オフィス